アデランスで増毛した場合のメリットとデメリット!

アデランスで増毛した場合のメリットとデメリット!

皆さんは、アデランスにどのような印象を持っているでしょうか?

 

「カツラの老舗企業」
「知名度はあるけれど、自分が行くことは想像できない」
「まずは育毛剤などをチャレンジしてからの、最後の砦」
「無料体験もあるらしいが、なかなか行きづらい・・・」

 

など、企業としての信頼性を抱きつつも、どちらかというと自分はお世話になりたくないというマイナスのイメージを持っている人も少なくないと思います。

 

現代社会で頭髪に関する悩みを抱えている人は、昔よりも増えているといいます。

 

男性特有のAGA( 男性型脱毛症)など遺伝が由来するものもありますが、一方で生活習慣や食生活の多様化が起因した薄毛に悩む若年層の割合も増えているのです。

 

すべての薄毛に共通して言えることは、早めの対策が肝になるということです。

 

食生活や使用するシャンプーなどに気を使い、内側から進行する薄毛を抑えようとする心構えは大切です。

 

若ハゲに悩む前から育毛剤を使った頭皮マッサージを行ったり、ヘッドスパなどプロの手を借りた徹底的な頭皮洗浄を定期的に行うことも、女性に限らず男性にも必要かと思います。

 

さらに、それでも進行してしまう生え際の後退やM字ハゲ、つむじから広がっていく頭頂部の薄毛などの兆しが見えてきた時に、選択肢に入れて欲しいのがアデランスの増毛です。

 

増毛は決して最後の砦なんかではありません。

 

しっかりとメリットとデメリットを把握しておいて、いつでも取り掛かることができる準備をしていくことが重要です。

 

 

そもそもアデランスの増毛と植毛との違いは?

あの劇団四季のキャッツのカツラも制作していることで有名なアデランス。

 

一昔前の人であれば「アデランス=カツラ」というイメージを持っている人もいるでしょう。

 

現在でも女性用ウィッグなどはとても需要がある商品です。

 

しかし最近では増毛の技術が格段に上がり、カツラよりもメリットがとても多いため、若いうちからアデランスの増毛を利用する人が増えてきています。

 

増毛のメリットについては後ほどお話するとして、ここではまず、よく間違われる「植毛」との違いを簡単に説明したいと思います。

 

植毛とは、頭皮の毛穴に直接毛を植え込む外科的施術のことです。

 

したがって局部麻酔が必要な少し大掛かりで、費用もそれなりにかかる方法です。

 

保険適用外のためクリニックにもよりますが、2000本ほどを植毛して60万円前後の費用がかかることが考えられます。

 

ただし一度植毛した毛の生着率はとても高く、植毛した部分の毛は90%以上の永久性が保証されています。

 

人工毛を植毛することもありますが、自分の皮膚細胞そのものを薄毛の部分に植毛することで、より自毛が蘇った感覚を味わうことができます。( 他の毛が白髪になるタイミングで植え込んだ毛も自然と白髪になっていくんですよ。)

 

対して増毛は、自毛の根元に人工の毛を束でくくり付ける方法です。

 

一本一本植え込んで行く植毛とは違い、一度に多くの毛を増やすことができます。

 

当然麻酔をかける必要もなく、副作用の心配もありません。

 

植毛に比べて施術時間もとても短く費用も抑えられるため、コストパフォーマンス的にも優れています。

 

増毛する毛の量は調整することができるので、一気に髪の毛の量を増やして周りにバレてしまうことが不安であれば、違和感を与えない程度に200本ずつを数週間に分けて増毛していく方法をとることもできます。

 

 

アデランスの増毛のメリット

植毛と増毛の違いを理解していただいたところで、アデランスの増毛のメリットを他にもいくつか紹介していきましょう。

 

まず一番の特徴は、植毛やカツラに比べて費用が格段に抑えられるという点です。

 

これはまだ薄毛が進んでいない若いうちから着手することで、よりコストを計画的に抑えることができます。

 

アデランスの増毛方法にはいくつかの種類があり、また年間定額コースなども設けられているので、ここで費用の相場を明確にすることはできませんが、およその平均で1500本を増毛して13万円前後の費用がかかります。

 

外科的施術を行う植毛に比べても、かなり費用が安いことがお分かりいただけるでしょう。

 

アデランスでは無料カウンセリングや、低価格の体験増毛を受けることもできるので、そこで自分に合った増毛方法をカウンセリングしてもらい、見積もりを出してもらうことも可能です。(もちろんここで辞退しても構いません)

 

アデランスの増毛の費用に関して詳しく知りたい人は下の記事を読んでみてください。

 

 

続いてのメリットは、アデランスの卓越した技術により至近距離でも増毛をしたことがほとんどバレることがないということです。

 

自毛との区別がつかないほど自然な仕上がりで、もちろんそのままシャンプーをしたり育毛剤を使ったりすることも可能です。(一部アルコールを多く含むスタイリング剤がNGな場合はあります。)

 

スポーツ選手にもアデランスの増毛をしている人は多く、激しい運動やプールに入っても全く問題はありません。

 

頭皮に密着するような帽子を着脱しても大丈夫です。

 

先にも述べたように要望に合わせて増毛するボリュームを決めることができるので、不自然にならないようなヘアスタイルを作ることができます。

 

自毛にくくりつける人工毛の重さは約1g(1円玉1枚分)です。

 

ほとんど分からない程度の重さで頭皮に感じる不快感は全くありません。

 

増毛した直後からそのことを忘れてしまうほど、しっくりと自分の頭髪として馴染むことができるでしょう。

 

 

アデランスの増毛のデメリット

メリットばかりではアデランスに対する理解を深めることはできないので、ここではアデランスの増毛のデメリットについてもいくつか挙げていきたいと思います。

 

まず大前提として、増毛という方法は薄毛に対する根本的解決ではないという事実があります。

 

AGAの治療のように、本来の育毛の力を蘇らせるようなものではないということです。

 

もしも薄毛に対する根本的な治療を望む人は、アデランスではなく専門外来を受診することをお勧めします。

 

2つ目のデメリットは、アデランスの増毛方法に関係します。

 

アデランスは今ある自毛にくくり付けることによって施す増毛方法です。

 

したがって増毛に活用する自毛が極端に少ないと、違う方法を選択せざるを得ない場合があります。

 

若い頃は増毛で対応できた人も、加齢と共に増毛方法を変更しなくてはいけない場合があるかもしれません。

 

ただしアデランスでは、自毛にくくり付ける以外の方法での増毛技術も用意されているので、カウンセリングを受けてみてから、どの増毛方法が自分に適しているのかを診断してもらうと良いでしょう。

 

そして最後にしっかりとお伝えしておきたいデメリットは、アデランスの増毛には定期的なメンテナンスが必須だということです。

 

1ヶ月に1度ほどのペースで来店し、伸びた自毛に対するケアが必要です。

 

地毛が伸びた分、浮き上がってしまった人工毛をカットします。

 

また自毛が伸びても、人工毛の結着部分を引き下げる技術も開発されているので、いずれかの方法で自然なヘアスタイルを維持していきます。

 

1ヶ月にかかるメンテナンス費用は3000円〜6000円くらい見ておくと良いでしょう。

 

アデランスの増毛のメンテナンスに関して詳しく知りたい人は下の記事を読んでみてください。

 

アデランスの増毛とメンテナンス方法

 

 

アデランスの増毛が向いている人

アデランスの増毛のメリットとデメリットについて比べてみました。

 

はっきり言えることは、薄毛に対する根本的治療を求める人は病院へ、費用がかかっても半永久的なしっかりとした増毛を求める人は植毛を、検討した方が良いでしょう。

 

一方で、すぐに薄毛から解放されたいと思っている人、かといって増毛したことが周りにバレたくない人、できるだけ費用を抑えて生活に支障がない程度で薄毛対策を行いたい人には、アデランスの増毛はとてもお勧めです。

 

激しい運動やサウナやスパなどが大好きな人にも適してます。

 

人工毛をくくり付けた自毛にかかる負担を心配する人もいますが、人工毛自体はとても軽量で自毛に与える負担もほとんどありません。

 

まれに結着部分の下から無理やりブラッシングをしてしまうと抜けてしまうことがありますが、それでも日常生活でブラッシングをしたり、洗髪をする程度では全く問題はありません。

 

不安な人は一度体験コースで実際の強度を確認してみると、百聞は一見に如かずです。

 

キャンペーンによっては1万円以下で体験増毛+カウンセリングを受けることができます。

 

もちろんすべての工程は個室で行われます。

 

他の人の目を気にすることもありません。

 

アデランスの増毛無料体験のコースや施術内容、増毛効果などについて詳しく知りたい人は下の記事を読んでみてください。

 

 

増毛に対するイメージが少し変わったでしょうか?

 

アデランスが特別な人のためだけにある企業ではないことを感じていただければ幸いです。

 

視力が落ちればメガネをかけ、女性であればまつ毛のエクステや眉毛の植毛も当たり前の時代になってきました。

 

本来であれば薄毛の問題も、もっと多くの人が開放的に語り合える時代になるべきだと思います。

 

薄毛というだけで必要以上に悩んだり、人の目を気にしたりする時代はもう終わりです。

 

需要が増えればもっともっと費用面でも企業努力が進んでいくでしょう。

 

1日でも早く、「髪をカットする」「カラーリングする」と同じような感覚で、「フヤす」ことがヘアアレンジの選択肢に当たり前になる時代がくることを願っています。