レディースアデランスとレディースアートネイチャーを徹底比較!

レディースアデランスとレディースアートネイチャーを徹底比較!

「そろそろ髪のハリがなくなりペタンとなり気になってきた」
「ずっと同じ髪型なので分け目部分が薄くなり広がってきた」
「ふと鏡を見た時の生え際の後退にドキッとした」

 

そんなアラフォー世代に注目されているのが、大手企業が提供している女性向けの増毛商品です。

 

最近では女性向けの白髪染め商品や、スカルプケア商品の宣伝が多く見られるようになりました。

 

一般的な美容室でも、頭皮マッサージを行いながらのヘッドスパを取り入れたり、女性の美へのニーズに合わせた企業努力があちこちで広がっています。

 

増毛の会社と聞いて思いつく二大巨頭が「レディースアデランス」と「レディースアートネイチャー」です。
どちらも一度は耳にしたことがある会社で、有名な女優さんを起用したCMも流れています。

 

商業施設などあちこちで増毛に関する定期的なイベントも開催されていて、提供するサービスや商品も似ているため、どちらがどちらか混同してしまいます。

 

レディースアデランスとレディースアートネイチャーにはそれぞれどのような違いがあるのか、項目ごとに比べていきましょう。

 

レディースアデランスの公式サイトを調査目的で見る

 

 

レディースアデランスVSレディースアートネイチャー 企業の歴史のちがい

まずはアデランスとアートネイチャーの二つの会社の基本的な情報について触れておきます。

 

アデランスの創業は1969年。

 

日本にて創業され世界進出も果たしている総合毛髪の会社です。

 

ブランド名はフランス語で「接着・付着」という意味があります。

 

アートネイチャーの創業は1967年。
日本で初めて誕生した大手のかつら製造販売会社です。

 

企業名の由来は、芸術という意味の「アート」と、自然「ネイチャー」を組み合わせた名前です。

 

若干2年の差ではありますが、アデランスよりもアートネイチャーの方が先にできた企業です。

 

どちらも元々は男性向けのかつら製造販売から始まった会社ですが、双方の会社とも2000年頃から女性向けのウィッグに力を入れ始めています。

 

その他にも育毛に焦点を置いた総合的なスカルプケアや、医療用のウィッグ、芸能舞台用のかつらに至るまで、毛髪に関するあらゆる事業を手掛けています。

 

歴史的に見ると、アデランスよりもアートネイチャーの方に軍配が上がります。

 

 

レディースアデランスVSレディースアートネイチャー 企業の実績の違い

ではアデランスとアートネイチャーの二つの会社の企業実績はどのようになっているのでしょうか。

 

いずれも東証一部に上場している企業ではありますが、アデランスの方は一足先に一般株式公開から退いています。

 

ただしこれがそのままアデランスの経営の衰退を意味しているわけではなく、双方の純利益は18億円前後、従業員数も同じく2500人前後とほぼ拮抗しています。

 

全国の店舗数はアデランスが506店舗、アートネイチャーが269店舗と大きな開きがあります。(2018年現在)

 

経常利益に差がないことを考慮すると、アデランスの方がユーザーにとって予約が取りやすく利便性が良い傾向にあるかもしれません。

 

 

レディースアデランスVSレディースアートネイチャー サービス内容の違い

レディース向けのサービスだけ見ていくと、アデランスとアートネイチャーのどちらの会社も大まかにエクステ・ウィッグ・スカルプケアの三つのサービスを提供しています。

 

そしてどれもとても類似した内容のサービスになっています。

 

アデランスとアートネイチャーの2種類の増毛方法を例にして見ていきましょう。

 

レディースアデランスとレディースアートネイチャーのエクステ

増毛会社が提供するエクステとは、薄毛が気になる部分にピンポイントでボリュームを出す商品のことです。

 

自毛の根元に人工毛をくくりつける技術で、つけたまま就寝や洗髪、スポーツなどを行うことができます。

 

比較的薄毛が気になり始めた人や、元々毛量が少ない人が気軽にボリュームアップできるように開発された商品です。

 

外出から帰ってきたら外すというような従来のエクステとは違い、つけた状態のまま日常生活を送ることができるのが最大の特徴です。

 

アデランスのエクステは「ヘアアップ」、アートネイチャーのエクステは「ビューティーアップ」という名前です。

 

それぞれが開発した独自の結着技術により、希望の本数の人工毛を自毛にくくりつけていきます。

 

強風やシャンプーなどで外れることがない高い技術ですが、自毛が抜けると共にくくりつけた人工毛も自然と抜け落ちていきます。

 

また定期的なメンテナンスが必要で、自毛の伸びに合わせてカットしたり、結着部分を根元に引き下げる作業を行なっていきます。

 

アデランスのヘアアップもアートネイチャーのビューティーアップも、ボリューム不足が気になる人向けの商品も用意されています。

 

ライン状や網目状の素材を利用して、広範囲なエクステを着用する技術の開発が進んでいます。

 

いずれも至近距離で見ても自毛との区別がつかないほどの自然な仕上がりです。

 

レディースアデランスもレディースアートネイチャーも髪の色やヘアアレンジも自由自在に行うことができます。

 

エクステだけを見た比較では、アデランスとアートネイチャーには技術的にも仕上がり的にも差はありません。

 

レディースアデランスとレディースアートネイチャーのウィッグ

薄毛の範囲が広がっている人や、部分的に増毛するエクステよりも本格的な増毛を行いたい人に向けて作られているのがウィッグです。

 

レディースアデランスとレディースアートネイチャーのどちらもウィッグの技術もかなり向上していて、ただパチっとはめるだけで簡単に取れてしまうような一昔前のウィッグとは全く異なります。

 

また一人一人に合わせて作られるオーダーメイドなので、エクステ同様に自髪との区別が全くつかないほどの自然な仕上がりを期待できます。(オーダーメイドなので、計測してから出来上がるまで1ヶ月ほどの時間がかかります。)

 

アデランスで一番有名なウィッグは「グラデージュ」です。

 

「まぜ髪」とも言われていて、 ネットを使わない特殊なビューライナーから自毛を引き出して混ぜ合わせることで、より自然な仕上がりを実現しています。

 

まぜ髪以外にも髪質や仕上がりイメージによって、「フォンテーヌ」「シフォレリフレ」「ルイティアラ」「ラフィ」などの商品ラインナップがあります。

 

レディースアデランスのウィッグに関する詳しい情報は以下の記事をご覧ください。

 

レディースアデランスのウィッグの価格、仕組みを経験者が徹底解剖

 

レディースアートネイチャーで主力のウィッグは「パフィール」です。

 

レディースアートネイチャーのパフィールは軽さにこだわって作られたウィッグで、自然なふんわり感を実現しています。

 

パフィールには細かく編んだネットが使われていて、分け目部分に肌色のスキンベースを使用するなど、見た目にはウィッグと分からないような工夫が細部に施されています。

 

その他にもレディースアートネイチャーのウィッグには「スタイルLaLa」「ふわりなでしこララ・ボーテ」「フォルテ ローザエアリ」などの商品があります。

 

ウィッグの技術は毎年進化を遂げているので、古い技術は新しい商品に変わったり、バージョンアップして名前が変わったりを繰り返しています。

 

しかし部分的な増毛のエクステに比べて、ウィッグのバリエーションの豊かさは若干ではありますが、レディースアデランスの方が多いように感じます。

 

レディースアートネイチャーは頭皮に負担がかからないような「軽いつけ心地を追求」したウィッグが多く、レディースアデランスは髪質や用途に合わせて自毛との区別がつかない「自然な仕上がりを追求」した商品が多いです。

 

もちろん好みによって個人差はありますが、まぜ髪を始め自毛をできるだけ生かした技術にこだわっているレディースアデランスの方が、「増毛する前と同じくらいにヘアアレンジの幅が広い」という印象です。

 

薄毛に悩む比較的若い世代の女性にとっては、見た目の仕上がりやヘアレンジの多様性を重視したい気持ちが強いと思います。

 

そのような人には自然な仕上がりにこだわったアデランスのウィッグの方が向いていると思います。

 

 

レディースアデランスVSレディースアートネイチャー 施術内容の違い

レディースアデランスとレディースアートネイチャーでウィッグのラインナップと仕上がりに少し差を感じた両社ですが、基本的なエクステやウィッグの技術は同じなので、施術内容にも大きな差はありません。

 

エクステであれば一本一本手作業で自毛への結着作業を進めていきます。

 

熟練された巧みな技で、100本ぐらいの増毛であれば30分もかからない時間であっという間に終わります。

 

ウィッグは3D機械を導入して綿密にデータを計測し、一人一人にぴったり合った自然な仕上がりのウィッグが制作されます。

 

増毛サロンの雰囲気は一般的な美容室と変わりありません。

 

美容室と増毛サロンが違う点は完全な個室で行われ、他のお客さんと合わないようなプライバシーの配慮が徹底されています。

 

レディースアデランスとレディースアートネイチャーでの増毛の施術は、事前カウンセリング→増毛方法の選択→施術→アフターフォローという流れで進んでいきます。

 

特にレディースアデランスとレディースアートネイチャーの両者とも事前カウンセリングに力を入れていて、薄毛に関係する食生活のリサーチから頭皮の柔らかさや温かさなど、かなり具体的なヘアチェックを行います。

 

施術中は終始明るく和やかな雰囲気で、エクステもウィッグも頭皮に感じる痛みはほとんどありません。

 

レディースアデランスとレディースアートネイチャーのどちらもアフターフォローもしっかりとしてくれるので、疑問点や不安点をその場で丁寧に解消してくれます。

 

また増毛には必ず定期的なメンテナンスが必要です。

 

エクステであれば伸びてしまった部分の処置、ウィッグも洗浄や補修など、月に一度のメンテナンスで品質を長く保っていきます。

 

施術内容や技術の差には、両社に巧拙はありません。

 

 

レディースアデランスVSレディースアートネイチャー 無料体験の違い

レディースアデランスとレディースアートネイチャーの公式サイトやネットの口コミの評判などをチェックすることでどちらの増毛サロンを選択するかは、ある程度目処が立つかもしれません。

 

しかし地域的にどちらの増毛サロンも行くことが可能な人は、ぜひ両方の会社の増毛無料体験を申し込んでみることをお勧めします。

 

増毛サロンの雰囲気やサービス担当者との相性、そして一番重要な自分の頭皮や頭髪との相性は、実際に体験してみないと分からない部分が多いです。

 

レディースアデランスとレディースアートネイチャーのどちらも公式サイトやフリーダイヤルから、いつでも簡単に無料体験を申し込むことができます。

 

事前に無料で送られてくるカタログを請求して見るのも良いでしょう。

 

近くにアンテナショップがある場合は、ウィッグや人工毛のサンプルに触れてみたり、スタッフからある程度話を聞いておくのも事前準備になります。

 

都市部では大差はありませんが、地方に住んでいる人はレディースアデランスの方が店舗数が多いので、予約が入れやすいというメリットはあるかもしれません。

 

年間通して行われる増毛やウィッグの無料体験会やセミナーなどのイベントの数も、レディースアートネイチャーよりもレディースアデランスの方が多い印象です。

 

体験できるコースは時期によってキャンペーン内容が変わります。

 

レディースアデランスであれば<300本3000円で体験できるエクステ>、同じく<エクステ120本無料体験>、<無料のまぜ髪体験>などが有名です。

 

レディースアートネイチャーでも<オーダーメイドウィッグやエクステの無料体験>を常時実施しています。

 

レディースアデランスとレディースアートネイチャーのどちらも無料体験でも初めての人には、親切丁寧なヘアチェックや頭皮へのアドバイスなどを行なってくれることも共通のメリットです。

 

ただしあくまでも体験なので、サンプルで着用したウィッグをつけて帰ることはできませんし、エクステも少量体験なので、実感として増えたイメージを持つことは難しいです。

 

その点、レディースアデランスでは、有料ですが格安料金で<300本>のエクステを体験することができるので、よりイメージがわきやすい貴重な体験になると思います。

 

無料体験を受ける人共通の不安「勧誘の有無」ですが、この辺りもさすがどちらも老舗です。

 

レディースアデランスもレディースアートネイチャーのどちらも自社ブランドのプライドを高く持っているので、丁寧なコース説明はあっても無理な勧誘をされることはどちらもありません。

 

個人的な意見ですが、無料体験の時に正直に「他社と迷っている」ということを伝えてもいいと思います。

 

相見積もりで価格が変わることはありませんが、選ぶ側の権利として「じっくりと検討します」という姿勢は、お互いにとって親切なことだと思います。

 

体験コースを総合すると、アデランスの方がサロン数を始めユーザーとの敷居は低く、さらに格安で増毛の本数を増やした体験をすることもできるので、親しみやすさ・お得さ・実感しやすさがあります。

 

レディースアデランスの増毛無料体験会の内容についてもっと詳しく知りたい人は以下の記事をご覧ください。

 

レディースアデランスの体験内容、価格丸わかり!女性経験者が語る

 

 

レディースアデランス VSレディースアートネイチャー 料金の違い

もしかしたらここが一番メインになる部分かもしれません。

 

ある程度同じような技術であれば、より安い方のサービスを利用したいと思うのは当然のことでしょう。

 

しかし残念ながらレディースアデランスとレディースアートネイチャーのどちらの公式サイトにも、具体的な料金設定は書かれていません。

 

口コミサイトなどを見ると大まかな料金は書かれていますが、あくまでも憶測に過ぎず信憑性には欠けるものです。

 

特にウィッグはオーダーメイドなので、仕上がりの要望によって料金が大幅に変わってしまいます。

 

選ぶ種類によっても価格は変わってきますが、目安としては両社共に<エクステで収まる範囲であれば10万円前後><ウィッグであれば20万円から>と見積もっておくと良いでしょう。

 

市販されているウィッグであれば、15〜20万円で購入できるものもあります。

 

市販の自分に合いにくいウィッグを買うのであれば、もう5万円プラスしてレディースアデランスとレディースアートネイチャーで自分だけの専用ウィッグを作ってもらった方が、より自然で充実した毎日を送ることができます。

 

初期費用はほぼ同じでも、その後のメンテナンス料金で差がつく場合があります。

 

レディースアデランスでウィッグを作った場合、2年間定期メンテナンスを無料で受けることができます。

 

月にかかるメンテナンス費用の相場は<3000円〜6000円>。

 

1年間で36000円以上の差が出ることを考えると、トータルしてレディースアートネイチャーよりもレディースアデランスの方がお得に利用できるのではないかと思います。

 

よって料金面で負担が軽い(コスパが良い)のは、レディースアートネイチャーよりもレディースアデランスの方に優位な点があり、サービスでついてくるメンテナンスであれば欠かさず行こう!という気持ちが強くなると思います。

 

拮抗した両社の高い技術や豊富な商品ラインナップを見ていただきました。

 

増毛は必ず人が介在する技術なので、最終的には人間性を見て判断する部分も多いのかなと思います。

 

相性の合うスタッフに巡り会えば、毎回その人を指名することもできます。

 

薄毛に対して一緒に明るく前向きに話し合える増毛サロンに出会えることが、一番大切です。

 

レディースアデランスの公式サイトを調査目的で見る