アデランスとリーブ21の違いを徹底比較!どっちがおすすめなのかがわかる

年齢とともに薄毛に悩んでいる男性は多いと思います。

 

薄毛に関する商品は年々益々増えてきています。

 

ドラッグストアに並んでいるスカルプ商品や、増毛サロン、かつらのCMなど。

 

気になって見てみるものの、実際何から薄毛対策を始めてよいか分からない人も少なくないと思います。

 

そこで、今回の記事ではCMやネット広告でもよく見かける2大大手増毛サロン「アデランス」と発毛コンテストのテレビCMで有名な「リーブ21」の違いや料金、効果、勧誘の有無について徹底的に比較検証していきます。

 

この記事を読めば、アデランスとリーブ21はどっちがおすすめなのかがわかります。

 

 

 

アデランスVSリーブ21 提供するサービスの違い

アデランスは人工毛で増毛を行うサービスが主流で、リーブ21は発毛を促すサービスが主流です。

 

根本的に薄毛の悩みに対する解決方法が違うのです。

 

増毛とは、字の通り薄くなった毛を何らかの形で増やす方法です。

 

一昔前までは「アデランス=かつら」というイメージがありましたが、今ではかつら技術も格段に上がっています。

 

アデランスでメインになっている増毛方法は、「バイタルEX」 と言われる手法で、今生えている自毛の根元に人工毛をくくりつけてボリュームアップを図っていく方法です。

 

増毛した人工毛は、日常生活でそのままつけたまま過ごすことができます。

 

就寝やシャンプー、水泳や激しい運動などもOKなんです。

 

イメージとしては女性がつけるエクステに近いかもしれません。

 

アデランスの特殊技術で、目に見えないほどの極小チップを使って、自毛の根元に人工毛を結着させます。

 

それ以外にもアデランスでは広範囲の薄毛を解決するウィッグも用意されています。

 

ウィッグも特殊な技術で自髪と混ぜ髪しながら、 一人一人オーダーメイドで仕上げていきます。

 

月に1度のメンテナンスを行いながら、日常生活で自然なヘアスタイルを保つことができます。

 

一方リーブ21は、髪本来の生えようとする力を促すためのサービスを提供しています。

 

一人一人の抜け毛の原因を調べて、頭皮のケアはもちろん、体のケアや心のケアも合わせながら、薄毛の対策を施していきます。

 

CMでよく見かけるのが、リーブ21の発毛コンテストの様子ですね。

 

リーブ21の発毛プログラムを実践してきた人が、どれだけ成果を出すことができたかの発表会です。

 

CMに出演している人の毛はすべて、人工毛ではなく自分の毛を取り戻しています。

 

抜け毛の原因は様々です。

 

遺伝体質からくるAGAの場合もありますし、薬の副作用やストレスによるダメージ、パーマや毛染めのダメージ、内臓機能の低下や不規則な生活習慣でも大きく影響してきます。

 

これらの原因を追求して、その人に合った発毛プログラム(施術やホームケア)をカウンセラーと一緒に実践していくことで、自分の毛を増やしていきます。

 

自分の毛を取り戻したい人はリーブ21がおすすめですが、即効性はありません。

 

薄毛そのものを早急に解決したい人は、アデランスの増毛の方が適しています。

 

またアデランスでは人工毛による増毛を行いながらも、育毛プランを並行して行うことができます。

 

すぐにヘアチェンジを行いたいけれど、自毛の力も信じたいという人も、アデランスなら増毛と育毛の両方のプランを併用できるのでおすすめです。

 

 

 

アデランスVSリーブ21 会社の基本情報の違い

アデランスの方がリーブ21よりも社歴が長く、店舗数も圧倒的に多いです。

 

<創業年>

 

アデランス 1969年  リーブ21 1976年

 

<本社所在地>

 

アデランス 東京都  リーブ21 大阪市

 

<事業内容>

 

アデランス ウィッグ販売などの毛髪関連事業
リーブ21  頭髪の発毛技術など発毛関連商品の販売

 

 

<株式市場>

 

アデランス 東証一部2017年まで  リーブ21 非上場

 

<売上高 (単体・2016年)>

 

アデランス 389億円   リーブ21  非公開

 

<従業員数 (単体・2016年)>

 

アデランス 2278名  リーブ21 480名

 

<店舗数>

 

アデランス 400店舗以上(全都道府県にあり)  
リーブ21   110店舗以上(主要都市に集中)

 

 

薄毛は男性特有の悩みという認識が強いですが、アデランスもリーブ21のどちらも女性向けのサービスを用意しています。

 

特にアデランスでは、近年女性ユーザーの割合が半数を超えるほどの勢いがあります。

 

マツエクなどの加工技術の発展で、人工的なものに対する抵抗感が少なくなってきていることも背景にあります。

 

時代の流れも昔に比べ早くなり、 数ヶ月前まで流行っていた髪型があっという間に廃れてしまうような時代です。

 

根気よく一定期間の発毛を促すリーブ21よりも、全都道府県を網羅していてスピーディーに薄毛の問題を解決してくれるアデランスの方が、年々ユーザー数を伸ばしているのはそのためかもしれません。

 

ゆっくり時間をかけてでも自分の髪を取り戻したい人はリーブ21を、時代に合わせたヘアスタイルをその時々に合わせて実現したい人はアデランスがおすすめです。

 

 

 

アデランスVSリーブ21 施術内容の違い

アデランスの増毛は、希望のヘアスタイルをその日のうちに実現させる施術を行ってくれます。

 

リーブ21の発毛は、ゆっくりと時間をかけて、ホームケアも合わせながら自分の髪が生えてくるための施術を行います。

 

したがってアデランスとリーブ21の両社の施術内容には大きな違いがあります。

 

アデランスの増毛は、事前頭皮カウンセリング→増毛施術→アフターフォロー→定期メンテナンスという流れで進んでいきます。

 

アデランスの人工毛の種類はいくつかあり、薄毛の進捗状況や本人の希望によって選択していきます。(急に増える不自然さを避けるため、徐々にボリュームアップしていく方法をとることもできます。)

 

具体的な増毛方法は、自毛に人工毛をくくりつけていく方法で、植毛と違い麻酔の必要はありません。

 

自毛の伸びとともに浮いてきた人工毛は、定期メンテナンスで調整していきます。

 

 

リーブ21の発毛は、事前頭皮カウンセリング→薄毛の原因を究明→発毛・育毛施術→アフターフォロー→自宅でのケアという流れになります。

 

リーブ21のアデランスとの大きな違いは、自宅でのケアも重要な要素になってくるということです。

 

そのための専用のヘアケア用品があり、食事や日常生活のコントロールも重要な課題になります。

 

リーブ21の発毛サロンでの施術と自宅でのセルフケアの繰り返しで、時間をかけて発毛の結果を待ちます。

 

施術に対しての即効性は、リーブ21よりも圧倒的にアデランスの方にあります。

 

また望む結果に対する達成度が高いのもアデランスです。

 

リーブ21は施術を受けた全ての人が発毛を実現させるわけではないからです。

 

仮に育毛効果があったとしても、自分が望むボリュームアップを達成させるためには個人差があるでしょう。

 

絶対に出したお金の部分だけの結果を出したい!という人には、リーブ21よりもアデランスの増毛の方がおすすめです。

 

 

 

アデランスVSリーブ21 料金の違い

一度の施術にかかる料金は、リーブ21よりもアデランスの方が高いです。

 

しかしゴールに対しての費用対効果には、 アデランスとリーブ21では大きな差が出てきます。

 

アデランスの一般的な料金は、バイタルEXで7万円台から用意されています。

 

月額制プランの新ヘアシステムでは、毎月かかる料金は2万円前後が相場です。

 

この2万円には毎月のメンテナンス費用も含まれていて、増毛を行ったその日から理想のヘアスタイルを実現することができます。

 

アデランスの一年でかかる費用はおよそ、20〜40万円ほどです。

 

リーブ21の発毛料金は、1回あたり16200円がベーシックなプランです。

 

リーブ21には回数に応じて1回あたりの料金が安くなるプランも用意されていますが、本格的な発毛を目指す人は6か月間で50回ほど通う必要があり、トータルすると60万円以上の料金がかかります。

 

少しずつ自分の髪が蘇ってくる喜びを実感することができますが、人によって効果に差はあり、どのぐらいまでお金をかけてよいかもまちまちです。

 

予算に対しての増毛の効果がはっきりとわかりやすいのはリーブ21よりもアデランスです。

 

増毛に何を求めるかによって費用対効果に対する考え方も変わりますが、トータル料金を抑えたい人はリーブ21よりもアデランスの方がおすすめです。

 

 

 

アデランスVSリーブ21  返金保証の違い

効果に対しての返金保証が設けられているのは、アデランスよりもリーブ21の方です。

 

アデランスは増毛という商品を提供した時点で、結果がすぐについてくるサービスです。

 

したがって施したスキルに対する返金保証制度はありません。

 

一方でリーブ21は、結果が人によって見えないサービスを提供しています。

 

そのため1年以上のコースを契約した人に対して、 コース終了時点で育毛効果がなかった場合、それまでの施術料が全額返金される制度があります。

 

返金に対しての細かな基準はありますが、リーブ21は結果を保証できないサービスだからこそ、誠意ある保証制度がしっかりと用意されているのだと思います。

 

 

アデランスVSリーブ21  体験コースの違い

アデランスもリーブ21も、実際の施術内容を事前に体験できるコースが用意されています。

 

アデランスでは、無料で100本程度のバイタルEXを試してみることができます。

 

また9800円で1000本の増毛を体験できるコースもあり人気です。

 

増毛した人工毛はそのまま実生活でも体感することができます。

 

リーブ21では、 6800円〜9800円で内容の違う育毛体験を格安で受けることができます。

 

またカウンセリングだけであれば無料でおこなってくれます。

 

自分の薄毛の原因を教えてくれるだけでも十分いい経験になるでしょう。

 

体験コースを受けた後の勧誘ですが、若干リーブ21の方がその後の入会を促されるケースが多いようです。

 

リーブ21の発毛の大切さや、「このままではどんどん薄毛が進行してしまいますよ。」という説明が熱心なのが、そのように捉えられてしまうのかもしれません。

 

個人的には、せっかく1万円以下で受けることができる貴重な体験なので、アデランスとリーブ21の両社の体験コースをぜひ申し込んでみてほしいと思います。

 

実際にサロンに行ってみないとわからない雰囲気や相性があります。

 

何よりしっかりとしたカウンセリングを受けられて、客観的に自分の薄毛を捉えることが、 将来に大きな差になるからです。

 

それでもやっぱり体験を受けるならどちらか一方にしたいという人は、リーブ21よりも勧誘がほとんどなく、増毛の体験をしつつも、スカルプケアのコースについてもいろいろ聞くことができるアデランスの方がおすすめです。

 

 

 

ここまでアデランスの増毛とリーブ21の違いについて比較し、どちらの方がおすすめなのかを解説してきました。

 

アデランスとリーブ21の根本的な違いをお分かりいただければと思います。

 

一時的な脱毛やストレスによる影響が大きい人は、リーブ21の発毛で取り戻せる効果は大きいと思います。

 

ただし男性特有のAGAや、今後も加齢とともに進行していく薄毛のケースには、アデランスの方が費用的にも、時間的にも、効果の面(満足度)でもメリットは大きいです。

 

まずは体験コースから申し込んで、ご自身の目で最先端技術を実感してみてください。

 

このページの先頭へ戻る