20代後半M字ハゲにはaga治療薬プロペシアとアデランスはどっち?

20代後半M字ハゲにはaga治療薬プロペシアとアデランスはどっち?

20代後半で、抜け毛が気になりだしてから生活習慣等を改善し始めたものの、抜け毛は止まらず。

 

生え際の後退は続いた。

 

今までは髪型でなんとか隠せていたが前髪も少なくなり隠すことがいよいよ難しくなってきた。

 

ここまで来てしまうと、長い目で効果が出るのを待つような対策では間に合わず、今すぐに薄毛を隠せるような効果が表れなきゃだめになった。

 

恋人がいないので見た目だけは絶対によくしておきたい。

 

そこで、M字ハゲを隠す方法として候補になるのが、aga治療薬のプロペシアとアデランスの増毛はどっちがいいのかということ。

 

これは、副作用や費用の問題も関わってくるので、人によっておすすめが違うというのが答え。

 

どんな人にそれぞれaga治療薬のプロペシアとアデランスの増毛がおすすめなのかを解説。

 

アデランスの増毛体験を調査目的で見る

 

 

安く抑えたい場合はアデランスよりもプロペシア

20代後半で仕事の経験はある程度積んだとはいえ、給料はそこまで高くないのが現状ですよね。

 

できれば、20代後半のサラリーマンであれば自分のように育毛対策にかかる費用は、極力抑えたいはず。

 

そこで、育毛にかかる料金で安さを一番重視するのであれば、アデランスよりもプロペシアを選ぶべきです。

 

アデランスは、初期の体験費用が安いです。

 

1000本増毛で通常10万円近くかかるのが9600円でできるんです。

 

生え際の薄毛を目立たなくさせるなら1000本増毛しただけでも結構印象が変わります。

 

ですが、1ヶ月1回程度のメンテナンス代や、最初にキャンペーンで買った1000本の人工毛を使いきったら、また新たに1000本10万円程度で買い足さなければいけません。

 

購入した1000本の人工毛をその人の薄毛の状況に合わせて使っていくため、人によって消費のペースは異なりますが、M字ハゲだけを隠すのであれば、だいたい3か月から4ヶ月は持つと考えられます。

 

年間にするとだいたい30万円程度。

 

アデランスは、かなり自然に少しずつ増毛していくので、誰にもバレずにすぐにM字ハゲを隠すことができるメリットがありますが、価格が結構高いのがデメリットだと言えるでしょう。

 

一方、AGA治療薬のプロペシアの価格は、AGAクリニックによっても異なりますが月々7000円前後。

 

ミノキシジルや飲むタイプのミノキシジルタブレットを併用したとしても月々だいたい20000円以内。

 

年間にしてもプロペシアのみだと84000円で、プロペシアとミノキシジルのセットだと24万円程度とaga治療薬の方が安くつくのは明らかです。

 

でも、プロペシアはアデランスと違って価格が安い代わりに、発毛効果が出るまでに最低でも半年程度はかかるデメリットもあります。

 

さらに、プロペシアを半年程度服用して発毛効果が出ても、やっと産毛くらい。

 

そこから、1年以上をかけて徐々に産毛を太くしていく感じの治療方法になります。

 

いまもう前髪が後退しすぎて薄毛が隠せないって人で、もう薄毛がバレてもいいから価格の安いプロペシアでゆっくり育毛していきたいって人はプロペシアでもいいでしょう。

 

でも、女子や会社の同僚の目線に耐えられないって人は、料金は高いがすぐにでも薄毛を隠せるアデランスを利用すべきです。

 

このように、その人の経済状況と、薄毛をどうやって治療していきたいかによって、取るべき対策が変わるため一概にどっちがいいとは言えないのが本音です。

 

 

副作用がない方がいいならプロペシアよりもアデランス

まだ20代後半なので、副作用が起こるのはちょっと怖い。

 

そう考えるのは当然です。

 

副作用がない治療方法がいいって人は、プロペシアよりもアデランスでの増毛を行うべきです。

 

プロペシアの副作用は、食事から得た栄養をエネルギーに変換するための肝臓の機能が低下する肝機能障害や、性欲減退、EDが挙げられます。

 

遊びたい盛りの20代独身男性にとっては恐ろしい副作用ですが、発症する確率はかなり低いともいわれています。

 

ですが、万が一も考えられるので、プロペシアを服用したい人は、必ずAGAクリニックの医師のもとで適切な経過管理をしてもらい服用しましょう。

 

一方のアデランスは、副作用はほぼありません。

 

しいて上げるとすれば、アデランスで増毛すると自分の髪の毛に人工毛を結び付けるため多少髪の毛に負担がかかるということです。

 

ですが、生え際のM字部分は、自分の髪に多くの本数を結び付けすぎると不自然になりバレてしまいます。

 

そのため、自毛1本に対して1本や2本程度しか増毛しないため、負担も最小限だと言えるでしょう。

 

20代後半とわかいので、いくら髪が生えるからと言って性機能が低下する副作用だけはいやだって人は、プロペシアではなくアデランスでの増毛を行うべきです。

 

 

すぐに薄毛を隠したいならプロペシアよりアデランス

自分でM字部分の生え際の後退が気になると、当然周りの人の視線も気になりますよね。

 

このままM字ハゲが進行したら、会社の同期にいつ馬鹿にされるかもしれないし、女性にだってモテたいはずです。

 

そうなると手っ取り早くM字ハゲを隠せる方法を取るしかありません。

 

その場合は、プロペシアよりもアデランスの増毛を選ぶべきです。

 

アデランスの増毛は、来院したその日にM字部分の前髪を増やせます。

 

しかも、増やす量も調節できるので、絶対に周りにバレないし、バレない程度に少しずつ毛量を増やしていくことができます。

 

もちろん、しっかりと髪の根元に結びつけてもらえるので、風が吹いたり、女性や同期の仲間から近くで見られてもしてもバレることはありません。

 

プロペシアでの発毛治療となると、最低でも半年間はかかります。

 

しかも、半年我慢すればフサフサではなく、半年で産毛が増え始める程度です。

 

以前の7割から8割程度の毛量まで戻すのに1年以上はかかるでしょう。

 

やはり、会社の同期や女性にバレずにすぐに毛量を増やしたいのであれば、プロペシアよりも絶対にアデランスです。

 

アデランスの増毛体験を調査目的で見る

 

 

ある程度時間がかかってもいいからしっかり生やしたい人はプロぺシア

アデランスの増毛はエクステのようなものです。

 

つまり、自分の髪の毛に人工毛を結び付けているため、薄毛が治ったわけではないということ。

 

やはり、一時的なものではなく完全に薄毛の治療をしたいという人はアデランスよりもプロペシアを選ぶべきでしょう。

 

アデランスは、今日にでもバレそうな薄毛を増毛で隠すことができますが、プロペシアではそうはいきません。

 

プロペシアは、最低でも半年間かけて発毛治療を行い、半年後から産毛が生え始め、1年から2年程度でプロペシアの発毛効果の最大を迎えます。

 

その後は、プロペシアを飲み続けて毛量を維持する治療法になります。

 

プロペシアも完全ではありませんが、アデランスの増毛ではなく自分の髪をしっかりと増やしていきたいって人はプロペシアで治療すべきでしょう。

 

 

最強はプロペシアとアデランスの並行治療

ここまで、20代後半のM字ハゲを治療する場合、プロペシアとアデランスはどっちがいいのか解説していきました。

 

ですが、20代後半で金銭的にも余裕がなく、あくまでもプロペシアによる治療かアデランスによる増毛かのどっちかを選ばなければいけないという人への説明です。

 

金銭的な問題が一切ないという人は、プロペシアとアデランスの増毛を同時に行うのが間違いなく最強です。

 

アデランスとプロペシアを並行治療すれば、アデランスのすぐ薄毛を隠せる即効性を兼ね備えつつ、プロペシアで自分の髪を増やすという発毛治療も行えるわけです。

 

金銭的な問題がない人は、あ互いのデメリットを補完しあったアデランスとプロペシアのダブルの治療を行うべきです。

 

 

アデランスはaga治療薬はない

結構、勘違いしている人が多いのですが、アデランスではプロペシアやミノキシジルのようなaga治療薬は処方してもらえません。

 

プロペシアやミノキシジルは医薬品なので、医師の処方が必要です。

 

つまり、プロペシアやミノキシジルのようなaga治療薬を服用したければAGAクリニックに通わなければいけないということです。

 

アデランスは、医療機関ではないためお医者さんもいません。

 

そのため、アデランスでプロペシアやミノキシジルのようなaga治療薬を処方してもらうことはできないので注意してください。

 

アデランスの増毛体験を調査目的で見る