アデランスの増毛バイタルエクスネオが周囲に絶対にバレない理由

アデランスの増毛バイタルエクスネオが周囲に絶対にバレない理由

アデランスの公式サイトで、増毛後のイメージ写真を見た人は、一見どんな仕組みで髪を増毛させたのかわからない人もいるでしょう。

 

中には、自分の後頭部の髪の毛を採取し、薄毛の部分に移植する病院での手術による治療方法の植毛だと勘違いしている人もいるようです。

 

アデランスの増毛は、自分の髪の毛の根元に、人工的に作られた毛髪を結び付けることで一時的に毛量をアップさせています。

 

アデランスの公式サイトのように、増毛だとまったくわからないほどの完成度になる秘訣は、人間の髪の毛に近い質感を限りなく追及した人工毛バイタルヘアを使っているところにあります。

 

この、人間の髪の毛と見分けがつかないほどリアルなバイタルヘアを使用したアデランスの増毛シリーズが、バイタルEX(バイタルエクス)になります。

 

バイタルエクスネオの特徴は、髪の太さ、色、自毛1本に対してつける本数まで細かく決めることができるのが特徴です。

 

この記事では、アデランスのバイタルエクスネオの秘密を明らかにします。

 

アデランスの増毛体験を調査目的で見る

 

 

アデランスのバイタルエクスネオの仕上がりが自然すぎて絶対にバレない秘密

アデランスのバイタルエクスネオが、増毛していることを周囲の人に絶対にバレないと自信を持って言える理由は以下の4つあります。

 

人工毛にありがちな変な光の反射をしない

バイタルエクスネオは、アデランスに限りなく人毛に近くなるように作られた人工毛です。

 

バイタルエクスネオに使う人工毛は、人間の髪の毛の作りと同じで、中心にある芯にくっつくようにキューティクルが覆われています。

 

ツルツルの人工毛に比べると、人工毛の表面の鱗のようなキューティクルが再現されています。

 

そのため、本物の毛髪に光が当たった時の反射や色などもそっくりになっているんです。

 

よくある人工毛髪は、光が当たった時に本物の髪と違う反射や色を出すときがあるため、違和感を覚えることがあります。

 

ですが、アデランスのバイタルエクスネオなら、本物の髪の毛と全く同じ構造でできているため、ふと自分の髪を鏡で見たときや、何気なく髪を触ってみたときでも絶対に自分でもわかりません。

 

▲目次に戻る

 

バイタルエクスネオなら人工毛が変色しない

アデランスの増毛方法のバイタルエクスネオなら、たとえ日光にあたろうが毎日シャンプーしようが、人工毛が変色したりすることはありません。

 

人間の髪の毛だって強い紫外線を浴び続けると痛み、若干変色してしまうことだってあるくらいです。

 

そのくらい、紫外線の作用は強いわけです。

 

ですが、アデランスの人工毛は作られた後に染料を入れるのではなく、原材料の段階で色を付けているため、紫外線にも強いというわけです。

 

そのため、変色によって増毛部分が目立つことはあり得ません。

 

▲目次に戻る

 

アデランスの人工毛の豊富な種類の中から自分の髪の毛と近い髪を選べる

アデランスのバイタルEXネオで使われる人工毛バイタルヘアは、髪の太さ、髪の色まで自分の髪質に合った人工毛が選べるんです。

 

薄毛で悩んでいる部位は、少しずつ髪が細くなっていきます。

 

そのため、後頭部の髪と同じような太い人工毛をM字部分の弱々しい部位に付けてしまうと不自然に見えるんです。

 

その点、バイタルエクスネオは髪の細い部分には細い髪の毛を、太い部分には太い髪の毛を選ぶことができます。

 

また、全員が全員真っ黒な髪なわけではなく、同じ黒でも一人ひとり微妙に色は違います。

 

その人の髪色に合わせて人工毛も選ぶことができるんです。

 

なんと、白髪混じりの髪まで再現できるので驚きです。

 

そのため、髪を染めていたり、白髪が混じっているからといってアデランスでの増毛をあきらめる必要はありません。

 

▲目次に戻る

 

増毛がバレやすい目立ちやすい部分には少しずつ増毛できる

つむじ部分の薄毛は、比較的目に付きにくく増毛もバレにくいのが特徴です。

 

ですが、生え際のM字部分は一列に並んだ生え際が人目に付きやすく、自分の髪の毛1本に対して4本や5本も増毛してしまうとバレやすい部位でもあります。

 

アデランスのバイタルエクスネオの場合、バレやすい生え際には、細い髪質の人工毛を自毛1本に対して1本や2本のみ増毛することも可能です。

 

逆に生え際でなく頭頂部などのバレにくい部位の場合、自分の毛髪1本に対して6本まで増毛することが可能です。

 

これにより、アデランスの公式サイトで見るような近くで見られてもバレない自然な仕上がりになっているんです。

 

アデランスのバイタルエクスネオは、周囲に違和感を持たれないように少しずつ増毛で増やしたい人にもおすすめ。

 

▲目次に戻る

 

髪の毛が濡れた時もバレない

人間の髪の毛は、乾いてるときは上に向いて立っていますが、濡れるとペシャっとコシがなくなり折れます。

 

髪にある芯は、周りをキューティクル等に守られているため、濡れても変化しずらいです。

 

一方、髪の芯を覆うキューティクルは濡れると水分を吸収し柔らかくなるためペタンとなりやすい。

 

アデランスのバイタルエクスネオで使うバイタルヘアは、この本物の髪と同じ構造を再現して作られています。

 

そこまでして、バイタルエクスネオは人間の毛髪に似せているんです。

 

そのため、シャワーやお風呂に入った後や、汗をかいて髪が濡れた時にも、人毛と人工毛が違和感なくなじみ、増毛してることがまったくばれません。

 

会社の同僚や男友達、気になる女性からの視線でもアデランスで増毛していることがばれません。

 

アデランスの増毛体験を調査目的で見る

 

▲目次に戻る

 

 

アデランスのバイタルエクスネオなら何不自由ない普通の生活ができる

アデランスのバイタルエクスネオで増毛すれば、毎日の生活に何ら支障をきたすことはありません。

 

毎日シャンプーも可能ですし、熱に強いためドライヤー、ヘアアイロンも使えます。

 

ワックスやハードジェルでばっちりヘアスタイルを作りことも問題なし。

 

仕事からデートまで、今までと変わらず生活できます。

 

また、アデランスで増毛後でも育毛剤が使えるため、増毛で一時的に薄毛がバレないように毛量を増やし、じっくりと育毛対策を行うことが可能です。

 

▲目次に戻る

 

 

アデランスのバイタルエクスネオがおすすめな人

アデランスのバイタルエクスネオがおすすめな人は以下の3つに当てはまる人です。

 

・会社の同僚や女友達に絶対に増毛したことや薄毛がバレたくない人
・すぐに髪の量を増やしたい人
・一目に付きバレやすいM字ハゲなどを隠したい人

 

バイタルエクスネオはとにかく、人にバレないように自然さを追求した増毛方法になります。

 

絶対にバレたくない人は、アデランスのバイタルエクスネオがおすすめです。

 

▲目次に戻る

 

 

アデランスのバイタルエクスネオの費用と維持費

アデランスの増毛方法の一つバイタルエクスネオのM字ハゲにかかる費用とつむじハゲにかかる費用、月々の維持費をお伝えします。

 

バイタルエクスネオは一番最初に最低本数が1500本129,600円で購入します。

 

一番最初に購入した人工毛を必要な分だけ使っていくシステムになるため、一度に129600円かかるというわけではありません。

 

つまり、M字ハゲや頭頂部ハゲにかかるバイタルエクスネオの増毛費用は、その人の薄毛の進行状況によって変わってくるわけなんです。

 

アデランスでのM字の増毛費用

上のような画像のM字ハゲの人でアデランスで1500本の増毛でかなりイメージが変わります。

 

一度に1500本程度増毛すれば十分だと言えるでしょう。

 

上記の画像よりM字ハゲが進行していない人は、1500本も使用する必要はなく、2か月に一度のメンテナンスで徐々に使用していくとになるでしょう。

 

薄毛の状況によっても変わりますが、一番最初の人工毛1500本129600円を全部使いきりと2か月に1回のカット代4600円に3か月程度は持つでしょう。

 

一度に1500本使いきらない人はもう少し、耐用期間が長くなるため安くなるでしょう。

 

アデランスでは、つむじハゲに向いている最新技術マイクロリターンのように、髪が伸びてきた時に髪の根元まで増毛した人工毛を下せる機能があります。

 

ですが、バイタルエクスネオには人工毛を下に下し調節できるような機能がないため、髪が伸びてしまいカットしたらおしまいというデメリットもあります。

 

アデランスでは、増毛に興味がある人のために120本程度の無料体験と、特別価格1000本9600円で増毛できる体験コースの2つがあります。

 

とにかく、どんな感じになるのか少しでもいいからタダで増毛したいって人は、120本程度の無料体験を。

 

増毛をすることは決まっている人は、かなり安くなっている特別価格1000本9600円の増毛体験をやってみるのもいいでしょう。

 

アデランスの増毛体験を調査目的で見る

 

アデランスでの増毛体験の内容や施術の流れが知りたい人は以下の記事をご覧ください。

 

アデランスの無料体験の内容が丸わかり!男性経験者が徹底的に語る

 

▲目次に戻る